• TOPICS
  • PROFILE
  • DISC
  • SCHEDULE
  • DIALY
  • SITE POLICY

DISCOGRAPHY

こちらは自己名義、バンドメンバーとしてリリースしたアルバムのリストです。
アマゾンで試聴できるものもあります。

→参加作品はコチラをご覧ください

青柳誠トライフレーム

 

TRIFRAME/青柳誠トライフレーム Sub Conscious Label<COMPOZILA>

TRIFRAME/青柳誠トライフレーム
Sub Conscious Label<COMPOZILA>

 1999年リリース、青柳誠ファーストソロアルバムです。プロデュース&ウッドベースは水野正敏、絵を描くドラマー池長一美とのトリオに、バーチャルオーケストラが入り、青柳音楽の世界の第一弾が、ここに完成いたしました。

amazonへ
Absurdity 青柳誠トライフレームwithプチ・オーケストラ

Absurdity/青柳誠トライフレームwithプチ・オーケストラ3Dシステム<Jewel>

 ファーストアルバムから約5年、ピアノトリオに9人編成のプチ・オーケストラという編成でレコーディングした、トライフレームのセカンドアルバムです。美しくも苦悩する「癒しを超えた」青柳ワールドをお楽しみください。メンバーは青柳誠(p,arr)、水野正敏(b)、池長一美(ds)、真部裕(vln)、友清麻樹子(vln)、門脇大輔(vln)、牛山玲名(vln)、吉田篤(vla) 多井智紀(vc)、HARUKA(fl)、弥富恵子(ob)、安土真弓(horn)です。

amazonへ

EQ

 

The Earth Quartet EQ ビクターエンタテインメント<aosis>

The Earth Quartet/EQ
ビクターエンタテインメント<aosis>

 小池修(ts)、青柳(p)、納浩一(b)、大坂昌彦(ds)という最強のメンバーで、いまの日本のジャズ界に一石を投じる思いで結成したこのグループの、ファーストアルバムです。4人全員がリーダーという責任を持ち、4人の曲を持ち寄ってみんなでアレンジするという運命共同体です。さて、日本のジャズ界を変えることができるか…。

amazonへ
The Earth Quartet EQ ビクターエンタテインメント<aosis>

The Earth Quartet/EQ
ビクターエンタテインメント<aosis>

 2003年秋に発売されたEQのこのアルバムのDVDオーディオ盤です。

amazonへ
Imperfect Completeness EQ ビクターエンタテインメント<aosis>

Imperfect Completeness/EQ
ビクターエンタテインメント<aosis>

 ファーストアルバムから約一年、ライブやリハーサルを重ねEQもバンドとしてかなりこなれてきました。2004年春に発売のこのセカンドアルバムでは、これからのEQの進む方向を確実に表現できたと思います。

amazonへ
third report EQ ビクターエンタテインメント<aosis>

third report/EQ
ビクターエンタテインメント<aosis>

 2005年4月リリースのサードアルバム。音楽性の幅も広がり、エレクトリックな新しいトライもしています。でもまだまだEQは発展途上、あくまでも3回目の報告と言ったところでしょうか…。これからも期待。

amazonへ
SUMMERTIME EQ LIVE EQ MOCA RECORDS

SUMMERTIME EQ LIVE/EQ
MOCA RECORDS

 2006年3月6,7日に舞浜イクスピアリで行われたライブを収録した2枚組アルバ ムです。ここまでオリジナルにこだわって作品を作って来たEQですが、このア ルバムでは全曲ジャズのスタンダード曲に挑戦。アルバムタイトルにもなって いるサマー・タイムをはじめ、枯葉、ステラ・バイ・スターライト、ドルフィ ン・ダンス、モナ・リサ…有名曲のオンパレードです。スタンダード曲がEQの 手にかかればどう料理されるのか、ぜひぜひご一聴ください。

amazonへ
HEADLINE EQ ジェネオン・エンタテインメント

HEADLINE/EQ
ジェネオン・エンタテインメント

 「EQは年間一枚のアルバム、それを10年続ける!」…ちょうど節目となる5枚目のアルバムです。当初EQでやりたいと思っていたことをだいたいクリアできた、記念すべきアルバムです。この先「10枚目」に向かってEQは未知の世界へ突入!商業的に傾いている日本ジャズ界に対して異議を唱えるという気持ちを込めて、EQはこの音楽を発信します。

amazonへ
NOW & THEN EQ オルタードレコーズ

NOW & THEN/EQ
オルタードレコーズ

 2009年秋に行われた、東京目黒ブルースアレイでのライブを収録した2枚組CD。disc"NOW"は、この日のために書き下ろされた新曲を10曲、そしてdisc"THEN"は、これまでに発表済みの曲の中から我々が特にライブで好んで演奏してきた曲を7曲選び、その進化を楽しんでもらおうと言う趣旨だ。緊張感あふれるプレイは、ライブならではのもの。

amazonへ
BUTTERFLY EFFECT EQ オルタードレコーズ

BUTTERFLY EFFECT/EQ
オルタードレコーズ

 EQ結成10周年を記念して、2012年4月にリリース。村田陽一率いる"SOLID BRASS"がゲスト参加。ブラスアレンジは小池修と青柳が担当した。完成度の高い作品になったと思います。

amazonへ
TOMPRROW EQ オルタードレコーズ

TOMORROW/EQ
オルタードレコーズ

 EQ8枚目のアルバムです。自分と向き合いながら、明日に向かうと言う気持ちを集結した曲、演奏が納められています。青柳曲「ことだま」「All Good Things」の2曲、気に入ってます。

amazonへ

教則本など

 

NO FUSE 浪花エキスプレス ソニー

ジャズ・スタンダード・バイブル FOR ADLIB
~50の名曲で学ぶ実践アドリブ構築 (CD付)

 納浩一、青柳誠、布川俊樹による、ジャズスタンダードの実践アドリブフレーズ集です。基本的に初級フレーズを納氏が、中級フレーズを青柳と布川氏が作った形になってます。ジャズアドリブのお勉強のお供に、是非どうぞ。

amazonへ

ナニワエキスプレス NANIWA EXP

 

NO FUSE 浪花エキスプレス ソニー

NO FUSE/浪花エキスプレス
ソニー

 浪花の思い入れが詰まったデビューアルバムです。オルケスタ・デラルスのカルロス菅野氏や、デビュー前のマリーンら、多彩なゲスト陣にも参加していただき、すばらしいアルバムになりました。1982年発表。

amazonへ
大宇宙無限力神 浪花エキスプレス ソニー

大宇宙無限力神/浪花エキスプレス
ソニー

 デビューアルバムから一年と経たないうちにリリースされた、二枚目のアルバムです。デジタル録音が初めて世に出た頃で、浪花(というより、プロデューサーの伊藤八十八氏)もいち早くそれを取り入れ、デジタル24chマルチで録音しました。

amazonへ
WIND UP ナニワエキスプレス ビレッジレコード

WIND UP/ナニワエキスプレス
ビレッジレコード

 サードアルバムの頃から、「ナニワエキスプレス」というカタカナ表記にするようになりました。それまでは、「浪花エキスプレス」だったわけですが、よく「浪速エキスプレス」とか、「難波エキスプレス」などと間違えて表記されたこともよくあり、運送屋や、急行電車に間違えられたこともありました!?ところで、このアルバム、CD化されていないと思っていたのですが、最近CD目撃情報がありました。

amazonへ
MODERN BEAT ナニワエキスプレス ソニー

MODERN BEAT/ナニワエキスプレス
ソニー

 4枚目のアルバムは、自曲が9曲中3曲採用され、作曲にも燃えていたと思います。また、このアルバムの発表のすぐあとに、私、青柳は、うれしいことに、「自分のピアノの音」というものを見つけてしまいました。

amazonへ
SILENT SAVANNA NANIWA EXPRESS ビレッジレコード

SILENT SAVANNA/NANIWA EXPRESS
ビレッジレコード

 このころは、英語表記にすることも多くなりましたが、そのことは、音とはあまり関係ありません。日野皓正氏をゲストに迎え、ポップに、かつ、ジャジーにお送りしています。ナニワにとっても、自分にとっても、新たな音楽の世界を広げる一枚になりました。CD化されてはいますが、うちには持ち合わせがなかったので、「レコード」ジャケットを撮影しました!

amazonへ
SCARLET BEAM NANIWA EXPRESS ビレッジレコード

SCARLET BEAM
NANIWA EXPRESS
ビレッジレコード

 ナニワ初のベストアルバムです。濃い~アルバムです。必聴!!!これもCD化されているはずなのですが、手元にはなかったので、「レコード」を撮影しました。

amazonへ
RED ZONE NANIWA EXPRESS ソニー

RED ZONE/NANIWA EXPRESS
ソニー

 ナニワ解散後にリリースされた、ベストアルバムです。プロデューサー伊藤八十八氏の一声によりリリースされた一枚です。こんな事を言って良いのかどうか...オリジナルアルバムより音がいい!

amazonへ
Believin' NANIWA EXPRESS ソニー(アナログ12インチシングル)

Believin'/NANIWA EXPRESS
ソニー
(アナログ12インチシングル)

 これは、超レア盤だと思います。レンタルレコード屋で中古として販売していたものを、自分で買いました。Believin'は、"No Fuse"に収録されているものではない別テイクで、青柳はなんと、アルトサックスでソロをやっています。NANIWAの録音でアルトを吹いているのは、このテイクだけです。また、Sonic Boomという曲は、ライブでは、やっていましたが、レコーディングで残されているのは、この「レコード」のみです。

life of music NANIWA EXP  3Dシステム<WAVE FLOWER by &Forest Music>

life of music/NANIWA EXP
3Dシステム<WAVE FLOWER by &Forest Music>

 18年ぶりの、NANIWA EXPのアルバムです。ナニワならではの「勢い」を大事にしつつ、作品としての完成度を目指した、究極の一枚です。このアルバムを期に、本格的な活動を再開。おじさんパワー炸裂しますので、ご期待を!

amazonへ
DRUM 'n'DRUM TOUR NANIWA EXP with デニス・チェンバース 株式会社アトス・インターナショナル 株式会社ドリーミュージック

DRUM 'n'DRUM TOUR/NANIWA EXP with デニス・チェンバース
株式会社アトス・インターナショナル
株式会社ドリーミュージック

 2004/8/6/こまばエミナースでのライブを完全収録したDVDです。デニス・チェンバースと東原力哉氏の前代未聞のツインドラムは、ナニワにとっての起爆剤になっていて 超見どころです。

amazonへ
THIS is IT! NANIWA EXP 3Dシステム<WAVE FLOWER by &Forest Music>

THIS is IT!/NANIWA EXP
3Dシステム<WAVE FLOWER by &Forest Music>

 2004/10リリースのこのアルバムは、ゲストにデニス・チェンバースを迎え東原力哉氏とツインドラムのトラックも収録。ナニワのちょっと違った側面も聴けます。

amazonへ
NANIWA EXPRESS BOX NANIWA EXP SONY MUSIC

NANIWA EXPRESS BOX/NANIWA EXP
SONY MUSIC

 ナニワのオリジナルアルバム5枚に加え、当時録音の未発表曲3曲(うち青柳曲2曲)が入っているプレミアムCD、1984年名古屋吹上ホールでのライブDVDなどがついています。

amazonへ
First Finale 1986 NANIWA EXPRESS SONY MUSIC

First Finale 1986/NANIWA EXPRESS
SONY MUSIC

 ナニワの第一次解散、大阪毎日放送が収録した、1986年6月28日に大阪バナナホールで行われた解散ライブをDVD化。ナニワのパワーのこもった演奏はもちろんのこと、当時珍しかった小型CCDカメラ映像や、スタッフ用4分割ワーキングテープ映像など、裏の裏まで見せる大サービスDVDです。

amazonへ
30th NANIWA EXP AVEX MARKETING <DANGER CRUE ENTERTAINMENT>

30th/NANIWA EXP
AVEX MARKETING
DANGER CRUE ENTERTAINMENT

 ナニワは復活したものの、2006年に青柳は脱退(休憩?)となってしまったので、青柳は残念ながらこのナニワ結成30周年記念アルバムには参加できなかった。…と思いきや、"Beginnings"と題して、青柳と力哉氏が入った当時のデビュー前(1980年)のライブ音源8曲も入っている。おまけに、初回限定版(まだ購入可能かも)には、1993年の限定単発復活ライブDVDも付いていると言うではないかっ!

amazonへ
COOL DUDE <SONY MUSIC DIRECT>

COOL DUDE/NANIWA EXP
SONY MUSIC DIRECT

 2012年5月リリース、1982~86年の5枚と2002年復活後の2枚のオリジナルアルバムの中から選び抜かれた曲が並ぶベストアルバム。"BELIEVIN'"の1982年録音のオルタネートテイクも発掘されて収録。

amazonへ
FRESH DUDE <SONY MUSIC DIRECT>

FRESH DUDE/NANIWA EXP
SONY MUSIC DIRECT

 COOL DUDEと同時にリリースされたアルバムで、こちらは青柳お休み中の新曲に加え、ボーナスCDには4人のライブパフォーマンスが収録されていて、青柳曲も演奏されています。

amazonへ
CROSSOVER JAPAN '03

CROSSOVER JAPAN '03

 2003年5月24日、東京よみうりランドEASTで行われたイベントを収録したライブDVDです。ナニワはエレピソロをフィーチャーした自曲のほか4曲収録。さらに、インタビュー映像もあります。カシオペアwith神保彰、松岡直也グループ、鈴木茂&friends、ザ・スクエア、パラシュート、高中正義with friendsと、往年のジャズフェス等を賑わせたラインナップが勢揃いです。

amazonへ
CROSSOVER JAPAN '05

CROSSOVER JAPAN '05

 こちらは2005年6月4日、国立代々木競技場第一体育館で行われたイベントを収録したライブDVDです。ナニワは自曲"ORIENTAL MAKIN' LOVE"ほか3曲収録。Rin'、AB'S、ネイティブ・サン、井上堯之 with friends、高中正義CROSSOVER JAM with special guest 野呂一生の出演です。この日の演奏を収めたCDも発売されているようです。

amazonへ
SOUL TREE  ~a musical tribute to toshinobu kubota~

SOUL TREE
~a musical tribute to toshinobu kubota~

 久保田利伸トリビュートのオムニバスアルバム。この中でゴスペラーズとナニワのコラボ曲"Dance If You Want It"が収録されています。MISIAやSkoop On Somebodyらソウル系アーティストがずらり。

amazonへ
マルチアングルライブ2014

NANIWA EXPRESS 復活の1,2,3,4,5人!
マルチアングルライブ2014
at SHIBUYA PLEASURE PLEASURE (DVD2枚組)

2014年11月30日、渋谷マウントレーニアでのライブのDVDです。なんとメンバー1人ひとりを選んで、ライブ1本通して楽しめるマルチアングルカメラによる映像も収録。ライブ前後の舞台裏を収めた特典映像もあり。

amazonへ

image(イマージュ)

 

image beautiful days
emotional & relaxing

 imageと爽健美茶のコラボCDです。爽健美茶が開発した癒し音源を使用し、全16曲のうち5曲アーティストとして参加、サウンドプロデュースをしています。アマゾンで試聴もできます。
♪Let It Go
 青柳誠(arr,p,syn)、宮本笑里(vn)、小松亮太(bn)、鳥越啓介(b)、渡嘉敷祐一(ds)、坂上領(fl)、石井由紀(ob)、クラッシャー木村ストリングス
♪やさしさで溢れるように
 青柳誠(arr,p,syn)、鳥越啓介(b)、渡嘉敷祐一(ds)、クラッシャー木村ストリングス
♪ロマンティックあげるよ
 青柳誠(arr,ss)、長富彩(p,syn)、パク・キュヒ(g)、鳥越啓介(b)、渡嘉敷祐一(ds)、クラッシャー木村ストリングス
♪ひまわりの約束
 青柳誠(arr,p,syn)、パク・キュヒ(g)
♪やさしい気持ち
 青柳誠(arr)、長富彩(p,syn)

amazonへ

image 16

 癒やしのコンピレーションアルバムimage。上記”image beautiful days"の中から、爽健美茶のTVCMに使われた♪Let It Goが入っています。

amazonへ

 

森 LIVE (株)ビーエスフジ

森 LIVE/森
(株)ビーエスフジ

 柏木広樹(cello)、越田太郎丸(g)、西嶋徹(b)、則竹裕之(ds)、青柳誠(p) というメンバーでのユニット、これはなにやらおもしろい。新しいことかもしれない…。2005/2/21に六本木スイートベイジルで行われたライブを収録したDVDです。この日のライブを全曲収録、さらにリハーサル、ツアー中のドキュメント映像までついて大好評!でも 青柳の撃沈シーンはできれば飛ばして見てください(笑)。

amazonへ
AM to PM 森 ビクター・エンタテインメント

AM to PM/森
ビクター・エンタテインメント

 DVDに続き2007年3月16日に遂にCDをリリース。ジャニーズを長年手がけている鎌田俊哉氏の画期的なプロデュースにより、「森」における各メンバーの新しい側面が引き出されたアルバムです。今後の「森」に期待してください!

amazonへ
森 LIFE ビクター・エンタテインメント

森 LIFE/森
ビクター・エンタテインメント

 2008年1月と3月に行われたSTBでのライブから厳選した曲を集めた、ライブCD。新曲も入って同年6月にリリース。植林からはじめた「森」も、かなり成長してきました。

amazonへ
森 BOX ビクター・エンタテインメント

森 BOX/森
ビクター・エンタテインメント

 なんとなんと、森のBOXセットがリリースされました。
DISC 1:CD"AM to PM"に続く待望のオリジナル・ニューアルバム。
DISC 2:2008年6月9日の東京STB139公演とツアーのドキュメント映像が収録されたDVD
DISC 3:スペシャルCDその1"タロ子のMerry X'mas & Happy New Year" 
DISC 4:スペシャルCDその2"オリジナルSE集"
Photo Book:5人の撮り下ろし写真集!
Special Goods:アクセサリー(通称うさ子)

…盛りだくさんですねぇ。ライブでメンバー登場などに毎回違ったSEが使われるのですが、それらは青柳や西嶋氏が作ったものなんです。今回あらためてそれらを一挙公開。あと、"タロ子のMerry X'mas & Happy New Year"は、ホントに笑えます。2008年12月17日リリース。

amazonへ
AMBITIOUS 森  ビクター・エンタテインメント

AMBITIOUS/森
ビクター・エンタテインメント

 2008年にリリースされた"森 BOX"の中から、オリジナルアルバム"AMBITIOUS"を2009年5月20日に単品リリース。ゲストに岩崎宏美さんを迎え、ボーナストラックとして"ARIGATO"のヴォーカルバージョンを追加収録。宏美さんのすばらしいヴォーカルと森のコラボも、ぜひ聴いてほしいです。さらに高音質なSHM-CD仕様となっています。

amazonへ
Thanks 岩崎宏美 テイチク・エンタテインメント

Thanks/岩崎宏美
テイチク・エンタテインメント

 "ARIGATO"のヴォーカルバージョンは、岩崎宏美さんのオリジナルアルバムの中にもさらに別バージョンで収録され、同日発売となりました。この曲に「歌詞をつけて歌ってみたい」と言うご本人の提案から立ち上がったもので、ご自身のアルバムにも収録していただけるとは、光栄です!

amazonへ
森LIVE TOUR 2008~The Life of the Forest~  森  ビクター・エンタテインメント

森LIVE TOUR 2008~The Life of the Forest~ /森
ビクター・エンタテインメント

 こちらも2008年にリリースされた"森 BOX"の中から2008年6月9日の東京STB139公演の完全収録版と、2008年のライブツアーの「ネタ」やオフステージを中心に収録したドキュメント映像。森第五小学校少年合唱団はツアーを重ねるにつれどんどん上手になっているのがわかります(笑)。

amazonへ

▲このページのトップへ

 

ここまでは、自分名義ないしはバンドメンバーとしてリリースしたアルバムのリストでした。青柳がアレンジや演奏でいろいろなアーティストのレコーディングに参加したもののリストは、こちらにずらっとあります。よかったらこちらも見てください。